クレジットカード現金化での一番のリスクはカードが利用停止になること

換金率の高いものを買って転売し、ショッピング枠現金化はクレジットカードの利用規約に違反するということを忘れてはいけません。現金化には利用停止のリスクがあることを忘れてはいけません。
■現金化は利用規約に触れる
クレジットカード現金化はカード会社の規約違反になります。利用枠をお金に換えるために高価なバッグや時計、新幹線のチケットを購入したのがバレたら規約違反として利用停止になっても仕方ありません。
犯罪にはなりませんが、非常に黒に近いグレーゾーンの行為です。現金化をして逮捕されることはありません。けれども詐欺として捉えられる行為でもあるので実際にやる場合にはバレないように注意が必要です。
■バレたら利用停止になる
カード運営会社は注意喚起のためにクレジットカード現金化が分かった時点で一時的にカードを使えないようにします。時間が経てばまた利用できるようにはなります。けれども何度も同じことを繰り返すと強制退会させられます。
一度強制退会させられると信用情報が汚れます。従って新たにカードを作り直したり、消費者金融からお金を借りることも難しくなります。現金化はかなりリスクが高いということを忘れてはいけません。
■少しでも安全に現金化をするなら業者を利用する
バレないようにクレジットカード現金化をするのであれば、業者を使ったほうが安心できます。手数料が20?30%ほど取られますが、その分利用停止のリスクも減ります。
自分で現金化をする際には、換金率の高いブランド物などを購入し転売しなければなりません。けれどもそういった買い物の明細はカード会社も目を光らせています。
優良業者であればカード会社の目をごまかしながら、安全に現金を手に入れることができます。
カードの利用規約に違反するので、現金化をする際にはバレないように気をつけて下さい。高い手数料を取られますが業者を利用したほうが安全に現金を手に入れることができます。

関連記事